聖書が伝える祈りの世界 -ダビデ-

おはようございます。ひたちなか市足崎にありますひたちなか教会の牧師、小宮山裕一です。
 みなさまは、お祈りをすることはありますか。祈りはすべての人に与えられている特権です。是非とも、悲しい時、困ったとき、祈りをしていただきたいと思います。今日は、聖書にしるされている祈りについてお話します。

 旧約聖書の登場人物に、ダビデという人がいます。彼はイスラエルという国の王様でした。そしてダビデは、王様であるのと同時に、聖書が教える神様を信じていたのです。そのダビデの祈りが、詩編51編というところに記されています。

 「あなたに背いたことをわたしは知っています。わたしの罪は常にわたしの前に置かれています。」(51編5節)

 ダビデは、自らが行った行為について、良心の呵責を感じていたようです。その時に彼がとった行動は、自らの負い目を神様に対して告白をするということでした。普通、自らの弱さや負い目というものを隠したくなるのが、人間の性でしょう。しかし、ダビデは自らの負い目を隠すことなく、神様に祈るのです。あなたに背きました、と。
 ダビデがこのように祈ったのは、たとえ、自分がどうしようもないほどに惨めであったとしても、神様は決して見捨てることはない、という信頼があったからです。そして、祈る時には、自分自身ではなく、神様に信頼を置くことが大切です。あなたを決して見捨てることのない、神様に祈りをささげていただきたいと思います。

お知らせ

 

〇  9月30日 伝道礼拝

お話し「あなたの神殿を聖めなさい」 マタイによる福音書

  21章12~17節

21-83,21-352,21-493,544

 

〇 10月7日 主日礼拝

説教「あなたに欠けているもの」 マルコによる福音書

  10章17節~31節

21-149,21-394,21-442,

21-81,21-27

 

   Twitter: ひたちなか教会@  

           laq3T8Mhx05Jthj

 

 

〒312-0003

 茨城県ひたちなか市足崎

  1474-307

☎029-272-5017

 

E-mail:tsukaerushimobe777

           @gmail.com

 

日本キリスト改革派  ひたちなか教会

アクセスカウンター