2018年度  教会目標

 

        「感謝と喜びにあふれる教会」

 わたしは、心を尽くして主に感謝をささげ、驚くべきみ業をすべて語り伝えよう。

 いと高き神よ、わたしは喜び誇り、み名をほめ歌おう。

           詩編9篇 2節~3節

神のもとに立ち帰れ、愛と正義を保ち、常にあなたの神を待ち望め。

ひたちなか教会のホームページにようこそ!!

 

ひたちなか教会のホームページにようこそおいでくださいました。

心から歓迎します。

 

ひたちなか教会はひたちなか市足崎にあるキリスト教会です。伝道開始から31年

ほどの歴史があります。

 

教会は全ての人に開かれています。どうぞ、お気軽にお越しください。

その聖なる雰囲気を味わって下さい。

 

教会は神様と、多くの人と、何より本当の自分自身と出会う場所です。

 

自分の心をもう一度見直して下さい。そこに新たな命がある事が分かります。

 

あなたのおいでをお待ち申し上げております。 牧師 小林義信

     新着情報

  

〇  6月24日は、午前10時30分より、11時45分まで主日礼拝を行います。

   マルコによる福音書7章9節~23節から、「人を汚すものとは」という題で

   お話しいたします。イエスの時代はファリサイ派の学者たちは口先では神を敬い

   ながらその心は神から離れ、人々には厳しく律法や掟を守るように命じていたの

   であります。この偽善をイエスは鋭く指摘され、真の神の言葉を守るようにと言

   われました。同時にこの言葉は、今日イエスキリストを信じるものにも言われて

   いるに等しいのです。神を信じていると言いながらも、時々、己の思いがつい

   言葉となって出てしまい、人を汚し、傷つけることがあるのです。人の体の中に

   ある時には排泄物と同じように汚いということは分かりませんが、体外に出た時   

   にはそれは目も当てられないほどのモノであるということです。言葉を発する時

   には、よく己の言葉を吟味していかなければなりません。

 

〇  7月1日は、午前10時30分より、12:00分まで主日礼拝を行います。

   マルコによる福音書7章24節~30節から、「フェニキア女の信仰」と言う

   題でお話し致します。イエスはガリラヤ地方を離れ、フェニキュア地方(今日の

   シリヤ)のツロに出ていかれました。そこで、汚れた霊に取りつかれた女の子の

   母親が何としてのイエスに癒していただきたいと願っておりました。当時ユダヤ

   人は、異邦人を人間扱いしていませんでしたから普通でしたら異邦人に関わる事

   を避けたでしょうが、イエスはユダヤ人であろうとなかろうと、苦しんでいる人

   に愛の手を差し伸べられました。そして、この女の信仰故にイエスは、女の子を

   助けられたのであります。

 

 

 

  皆様とご一緒に礼拝を守れることを心からお祈り申し上げます。

茨城放送では、月曜日から金曜日の午前6時12分から5分間

 

「あさのことば」を放送しています。

 

短めのメッセージで、初めての方でもわかるお話しがされています。

 

どうぞ、みなさまお聞きくださいませ。

 

 

http://www.jesus-web.org/radioprg/prg_asa.htm

お知らせ

 

〇 6月24日 主日礼拝

説教「人を汚すもの」

  マルコによる福音書7章

  9節~23節

 21-51,514,239,539

 

〇 7月1日 主日礼拝

説教「フェニキア女の信仰」

  マルコによる福音書7章

  24節~30節

21-18,252,269,205,540

 

 

 

 

 

ひたちなか教会@laq3T8Mhx05Jthj

 

日本キリスト改革派  ひたちなか教会

アクセスカウンター