2018年度  教会目標

 

        「感謝と喜びにあふれる教会」

 わたしは、心を尽くして主に感謝をささげ、驚くべきみ業をすべて語り伝えよう。

 いと高き神よ、わたしは喜び誇り、み名をほめ歌おう。

           詩編9篇 2節~3節

神のもとに立ち帰れ、愛と正義を保ち、常にあなたの神を待ち望め。

ひたちなか教会のホームページにようこそ!!

 

ひたちなか教会のホームページにようこそおいでくださいました。

心から歓迎します。

 

ひたちなか教会はひたちなか市足崎にあるキリスト教会です。伝道開始から31年

ほどの歴史があります。

 

教会は全ての人に開かれています。どうぞ、お気軽にお越しください。

その聖なる雰囲気を味わって下さい。

 

教会は神様と、多くの人と、何より本当の自分自身と出会う場所です。

 

自分の心をもう一度見直して下さい。そこに新たな命がある事が分かります。

 

あなたのおいでをお待ち申し上げております。 牧師 小林義信

     新着情報

 

 〇 1月21日(日) 午前10時30分より、11時45分まで主の日の礼拝を

   行います。お話は、マルコによる福音書2章23~28節まで、「安息日の主」

   という題でお話いたします。この安息日の由来とは、創世記2章1~3節にあり

   ますように天地万物をお造りになられた神が、7日目にすべてを完成され、仕事

   を離れ、お休みになった事を思い起こすために神はこの日を祝福し、聖別された

   事から、後の時代のユダヤ教では、土曜日を安息日と定め、それを厳守する事を

   民に求めたのです。つまり、労働と目される事はやってはいけないとしたのです

   そして、祭司や律法学者たちは一方では例外規定をたくさん作り、形式的な掟の

   順守を民に強制したのです。このような安息日規定をイエスは廃止されました。

   後のキリスト教では、イエスが復活された主の始めの日、日曜日を労働から解放

   される日とし、礼拝が行われるようになりました。そして、この日は心を尽く

   し、思いを尽くして、主なる神、イエスキリストを礼拝する事となったのです。

 

 〇 1月28日(日) 午前10時30分より、11時45分まで主の日の礼拝を

   行います。お話は、マルコによる福音書3章1~6節まで、「手を伸ばしなさい

   い」と言う題でお話しいたします。 病人を癒すことは安息日違反であるので

   ファリサイ派の人たちは、イエスが「手の萎えた人」を癒すかどうか虎視眈々と

   見ていたのであります。イエスはそんな事には一切動じることなく、この男に

   「手を伸ばしなさい」と言われると男の手は元に回復したのであります。

   この時から、ファリサイ派、ヘロデ派の者たちはイエスを亡き者にしようと計画

   をし始めたのであります。

 

   尚、当日は午後1時から定期会員総会を開催いたしますので、教会員の方は

   ご出席ください。

   

 

  皆様とご一緒に礼拝を守れることを心からお祈り申し上げます。

茨城放送では、月曜日から金曜日の午前6時12分から5分間

 

「あさのことば」を放送しています。

 

短めのメッセージで、初めての方でもわかるお話しがされています。

 

どうぞ、みなさまお聞きくださいませ。

 

 

http://www.jesus-web.org/radioprg/prg_asa.htm

お知らせ

  〇   1月21日 説教

         「安息日の主」

   マルコによる福音書

   2章23~28節

21-127、54、534

 

  〇   1月28日 説教

    「手を伸ばしなさい」

   マルコによる福音書

   3章1~6節

21-51、252、273B

 

住所

312-0003

茨城県ひたちなか市足崎1474-307

 

TEL

029-272-5017

 

メールでの問い合わせは問い合わせフォームからメッセージをお寄せください

日本キリスト改革派  ひたちなか教会

アクセスカウンター