美味しい美味しい聖書の話し(1) マナ

おはようございます。ひたちなか市足崎にありますひたちなか教会の牧師、小宮山裕一です。今日はひととき、聖書の話をさせていただきます。


 聖書という書物は、今からだいぶ前に書かれた書物ですし、日本に住んでいる我々とは時代も地域も隔たりがあります。しかし、古今東西、人間であれば誰であれ、お腹が減れば食べるし、眠くなれば眠るのです。今日はそんな聖書の中の食べ物について、お話します。その食べ物はマナという食べ物です。


 出エジプト記という書物をみますと、イスラエルと呼ばれる民族が、エジプトから脱出したという記事があります。イスラエルの人々は砂漠を旅するのですが、人々は食べ物がなくなりますと、神様に対して不満を口にするようになりました。このままでは、飢え死にしてしまうだろう、と。そのような不満を聞いた神様は、天から白いものを降らせます。これが、マナ、と呼ばれるものです。マナは白く、蜜の入ったウェハースのような味がする食べ物です。(出エジプト16:31参照)


 残念ながら、マナは天から降ってきた食べ物ですので、今となってはどのような食べ物か、知る由もありません。しかし、神様の深い愛と慈しみは、今もわたし達に注がれています。不平不満があるなら、どうぞ、神様に向かって不平をぶつけてください。神様は、必ず祈りに答えてくださるお方です。天からのマナに勝る神様からの慈しみを、どうぞ受け取ってください。

お知らせ

 

〇12月15日待降節第三主日

 説教 「真の羊飼い」

   エレミヤ書23章

    1節~8節

     6,265,247,24

 

〇12月22日クリスマス礼拝

 説教 「イエスの誕生」

   マタイによる福音書

    2章1節~15節

    148,260,264,76,25

 

 

 

 

 

 

     

  Twitter: ひたちなか教会@  

           laq3T8Mhx05Jthj

 https://twitter.com/Iaq3T8Mhx05Jthj

 

〒312-0003

 茨城県ひたちなか市足崎

  1474-307

☎029-272-5017

 

E-mail:tsukaerushimobe777

           @gmail.com

 

日本キリスト改革派  ひたちなか教会

アクセスカウンター