いつ信じるの?今でしょ!-ザアカイ-

おはようございます。ひたちなか教会の小宮山です。今日も神様の言葉に耳をかたむけましょう。

 イエス様が、エリコという街に入った時に、イエス様の姿を一目みようと多くの人々が集まりました。この民衆の中にザアカイという小さな男の人がいました。彼は背が低いので民衆に遮られ、イエス様をみることができません。そこで、彼は木に登り、上からイエス様の姿をみることにしました。

 ザアカイが木に登ったのは何も野次馬根性によるのではありません。ザアカイには、微かな望みがありました。それは、このお方との出会いによって自分の生き方が変わるのでは、という期待です。
 ザアカイは背が低い男です。それは彼にとってはコンプレックスだったかもしれません。人々から嫌われる仕事をしていました。それは彼を苦しめていたかもしれません。苦しみの中にあった。そうした生活を何とか変えていきたい。それはザアカイの願いだったのです。

 イエス様はそうしたザアカイの思いをご存知です。そして、自らザアカイに声をかけて、ザアカイの家に泊まりたいといわれました。このお方のやさしさにふれ、ザアカイは生活を改めました。イエス・キリストは、一人ひとりの苦しみをご存じです。そして、このお方にすがりたいとの願いを決して見捨てません。キリストは「失われたものを捜して救うために来た」(ルカ19:10)お方です。

お知らせ

 

〇  7月22日 主日礼拝

説教「七つのパンと魚少々」

 マルコによる福音書8章

 1節~13節

  21-141,357,494,543

 

〇  7月29日 主日礼拝

説教「まだ悟らないのですか」

 マルコによる福音書8章

  14節~21節

  21-152,59,529,544

 

 

 

 

ひたちなか教会@laq3T8Mhx05Jthj

 

日本キリスト改革派  ひたちなか教会

アクセスカウンター