認知症に不安感を持っている方に

「もの忘れが多くなると、このまま脳が衰え、いずれ認知症に……と不安になる人もいます。でも諦めることはありません。脳は何歳になっても成長するのです」

そう語るのは、加藤プラチナクリニック院長の加藤俊徳先生。胎児から超高齢者まで1万人以上の脳のMRI画像を分析してきた脳科学のスペシャリストです。

加藤先生の新著『50歳を超えても脳が若返る生き方』(講談社)には、驚きの“新事実”が書かれている。たとえば、中高年になると年々脳の機能は低下していくと思っている人も多いはずだが……。 

「加齢とともに脳の神経細胞が減っていくことは事実です。ただ、脳の全体が衰えるわけではありません。脳には使われずに眠ったままの“潜在能力細胞”が残っています。それは100年以上生きても使い切れない。だから脳は死ぬまで衰えることはないのです」(加藤先生・以下同)

脳の成長には、複数の脳の機能を使うことが重要です。

「脳の中では、同じ働きをする複数の神経細胞が集合して基地を作っています。これを“脳番地”と名付けました。なかでも脳の若返りに欠かせないものが、8つの番地です」

8つの脳番地は次のとおり。

 【1】思考系
思考や意欲、想像力をつかさどる。

【2】伝達系
コミュニケーションを通じて意思疎通を行う。

【3】運動系
体を動かすこと全般に関係。

【4】感情系
喜怒哀楽などを感じ、表現する。「感覚系」を通じて活性化する。

【5】理解系
目や耳を通じて得た情報を理解する。

【6】聴覚系
言葉や音を脳に集積させる。

【7】視覚系
映像や画像、文章を脳に集積させる。

【8】記憶系
ものを覚えたり、思い出したりする。

 「体を動かすことが好きな人は運動系が鍛えられ、楽器演奏が得意な人は聴覚系脳番地が育つ。逆に苦手なものやふだん使わない脳番地は未熟なままで年々衰えていく。ですから、これをバランスよく刺激することで、認知症を遠ざけることができるのです」

そこで「脳を老化させない習慣」について、加藤先生に解説してもらいました。

■新しいことに挑戦する

「初めてのことに挑戦したいという前向きな考え方は、脳全体を活性化させますし、脳のマンネリ化を防ぎます。歯磨きを利き手と逆でやったり、自分では作らないようなB級グルメを楽しんだりするだけでも脳は元気になるのです。聴覚系と伝達系を鍛えるカラオケですが、いつも十八番ばかりの人は要注意。新しい持ち歌を増やして、記憶系や感情系、伝達系の強化をはかりましょう」

■家事を楽しむ

掃除、洗濯、料理など、家事は最強の脳トレ。ただし漫然とやっていては効果が半減するという。

「ロボット掃除機は便利だと思いますが、せっかくの脳トレの機会を逃してしまうことになりますね。雑巾がけやホウキでの掃除は運動系を鍛えるだけでなく理解系を伸ばします。またリビングは10分、寝室は5分、と細かく掃除の時間を区切ることで、記憶系も元気になるでしょう。スーパーに行く際には、事前に買い物リストを作りましょう。1つの食材で3つのメニューを考えてみたりすることでも、思考系が活発に働きます。また料理の途中で3回以上味見をしてみてください。味見は過去の記憶を脳から引き出して比較する行為ですから、記憶系や思考系を鍛えることができます」

■人とふれあう

社会的に孤立すると脳は劣化していく。人とのコミュニケーションが脳の成長につながるという。

「ご近所のお友達と“井戸端会議”をすることでも、聴覚系、視覚系、伝達系など複数の脳機能を使うことになります。趣味や習い事でも、社会とのかかわりが増えますね。とくに自分より若い世代の話をじっくり聞くことは効果的。今まで知らなかったことや刺激を与えてくれる情報に敏感な姿勢は、脳をイキイキとさせます。さらに人間関係を円滑にする笑顔の使い方も重要。これが右脳の伝達系を活性化します」

アメリカ連邦政府の前公衆衛生局長官、ビベック・マーシー氏が「孤独は深刻化する伝染病」であり「病気になる人々の共通した病理(病気の原因)は心臓病でも、糖尿病でもない。孤独だった」という論文を発表し、話題を集めました。2018年1月17日には、イギリス政府が、「孤独担当相」を新たに任命すると発表して、世間を驚かせました。これは、この切実な問題に国を挙げて取り組むべき、という危機意識の表れでした。

つまり、人は決して一人で閉じこもってはいけないということであり、人と交わることが、命をつなげていく上に最重要課題であるのです。また、キリスト教にあっては、神とイエスキリストとの交わりこそが、永久の命への原動力であることが実証されています。

■生活スタイルをキープ 

「文房具を長く愛用していたり、愛読書を読み返す、昔のアルバムを見返したりすることは記憶力の強化になります。早めに生前整理を、と思い切った“断捨離”をする方もいますが、それも善しあし。人生の終わりなど、これが限界だと諦めてしまうと、その時点で脳は成長を止めてしまうのです」

年相応に持ち物を減らして人付合いもほどほどにと考える人は多いかもしれないが、“ひきこもり”はボケを早めます

「便利すぎる生活は脳を老化させます。家の中も、多少不便なほうが脳は活性化するのです。どうせなら20歳以上、自分の年齢をサバ読んでみませんか? 人は必ずしも年相応に行動をとる必要はありません。実年齢が50歳でも30歳のつもりで行動すれば、自然に体を動かす機会が増えるだけでなく、脳もその年齢の状態に戻っていくものです

 これらを総合して考えて見ると高齢になればなるほど個体間の差は広がっていくのであります。年齢は肉体年齢ではなく精神年齢であり、精神的な支柱を持ち例えばキリスト教のように、何時も聖書を読み、覚え、教会での人との交わりに参加し、可能な限り心体を動かして、刺激を受けることにおいて脳は活性していくという事であります。己の常識に従って、社会的関係をなくしたり、引きこもったり、外から与えられる情報を漫然と受け入れるのではなく、自ら動くという事がとても大事であることが理解できるのであります。

年齢だからと言って諦めてはいけません。果敢に外に向かって挑戦して行きましょう。

  注: また、脳の活性化に役にたつ食品としては、大豆製品

(納豆、豆乳、豆腐)、海藻、青い魚(DHA、EPA)、玄米、根菜等々が有効です。

 

お知らせ

 

〇 11月18日 主日礼拝

説教「逆転の問いかけ」

マルコによる福音書11章27節

~12章12節

21-166,21-475,21-510,545

 

〇 11月25日 主日礼拝

 説教「イエスに対する罠」

マルコによる福音書12章13節~17節

21-149,21-377,21-390,541

 

            公  告

1018年度第二回会員総会

11月25日午後0時45分~

13時30分

於: ひたちなか教会礼拝堂

議題:2019年度予算案

現住陪餐会員はご出席下さい。

            

  Twitter: ひたちなか教会@  

           laq3T8Mhx05Jthj

 

 

〒312-0003

 茨城県ひたちなか市足崎

  1474-307

☎029-272-5017

 

E-mail:tsukaerushimobe777

           @gmail.com

 

日本キリスト改革派  ひたちなか教会

アクセスカウンター